住職の部屋
| 次の日記を見る |
2004年12月31日(金)
大晦日(大雪)

今年一年間いろいろとお世話になり、ありがとうございました。お陰様で無事に一年間を終えることができました。
皆様にとって今年一年はどうでしたか?「災」という一字がとても印象に残ってしまった一年でしたね。
しかし、それらのすべの出来事を白く綺麗にしてくれた大晦日の雪ではなかったでしょうか。
来年こそは世界が平和でありますよう祈っています。

2004年11月3日(水)
お火焚祭A

本堂のお勤めを終え、外へ移動し、薬院社にて、お勤めをしました。
そして、その後に護摩を焚きました。今年は種智院大学の学生や天台宗の僧侶の方にもお手伝い頂き、柴燈護摩を焚きました。
本日参詣して頂きました皆様や添え護摩をして頂きました皆様の、諸願成就の為に護摩檀に火が点じられ、読経の中、護摩の火に皆様の願いが込められた護摩木が投じられました。

2004年11月3日(水)
お火焚祭@

天気にも恵まれ、無事にお火焚祭を終えることができました。
始めに本堂に於いて、本尊千手観世音菩薩の御前にてお勤めをしました。
そして、皆さんに順番に焼香をして頂き、本堂でのおつとめが終わりました。

2004年10月24日(日)
「祭礼のぼり」の設置

11月3日の「お火焚祭」に向けての準備がはじまりました。
今日は薬院社の、のぼりを奉賛会の皆さんに手伝ってもらい。烏丸通り、竹田街道、九条大路沿いに立てました。
本日はたくさんの方々にお手伝い頂きありがとうございました。
お陰様で、きれいにのぼりを立てることが出来ました。

2004年10月10日(日)
写経会

今日は写経会に珍しいお客さんが来ました。
おばあちゃんと一緒に小学校3年生のお孫さんがこられました。そして、一緒に写経をしたいということで、書きはじめました。最初は書ける所まででも書いてもらえばいいと思っていましたが、少し時間はかかりましたが、なんと最後まで書き上げることが出来ました。
仏の世界と触れ、有意義な時間を過ごしたのではないでしょうか。


2004年9月30日(木)
本堂新築

本堂の新築と言っても模型ですが。
実は毎月の写経会に来て頂いている方が、趣味で段ボールを使って模型を作っておられ、今回城興寺の本堂の模型を作り、持って来て頂けました。
実際に本堂を建て直すのは難しいですが、これを見ていると夢が広がりますね。

2004年9月12日(日)
写経会

恒例の写経会をしました。毎月第二日曜日、午前10時より始まり、みんなで般若心経をお唱えしてから、墨を磨り、写経を始めます。
今日は初めて来られた方が二人おり、少し緊張されていたようですが、誰にでもすぐ始められますので、
約1時間ほどで書き上げました。その後少し休憩を入れてから本堂にて書き上げた写経のご祈祷をさせて頂き、皆さんと一緒に 在家仏前勤行をお唱えして終わりました。

2004年8月23日(月)
信仰の前にまず親交

本日地蔵盆をしました。お地蔵さんの御宝前にてお勤めをしました。
その後に、皆さんと親交を深める意味で、ビアパーティーを開きました。雨の中ご来院頂き有り難うございました。お陰様で、普段なかなか皆さんとゆっくりとお話しする機会がありませんので、お地蔵さんのご縁で、ゆっくりと楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
「信仰の前にまず親交」でした。

2004年8月22日(日)
お地蔵さんが前に

京都市内では今日地蔵盆を開催しているところが多いようですね。
本来お地蔵さんの日は24日なので、お逮夜ということで、23日の夕方から24日にかけてするのですが、最近では皆さんが集まりやすい土日にするところが多いようです。
城興寺では23日の夕方に地蔵盆をする予定です。そこで、いつもは御本尊の横に祀っているお地蔵さんを前に出しました。明日の午後6時30分からお勤めをしますので、どうぞお参りに来て下さい。きっと良いことがありますよ。

2004年8月20日(金)
雨漏りが・・・

皆さん、昨日の台風は大丈夫でしたか?
京都では夜になってから、雨と風が出てきましたが、あまり気にせず寝ていると、おでこにポトリ、またポトリと水滴が落ちてきてびっくり。
なんと雨漏りです。今までは大丈夫だったのですが、ガッカリ。あーあ また一つ修理するところが増えてしまいました。

2004年8月19日(木)
初めまして

「住職の部屋」を開くことになりました。ここでは私が感じたことや、見たこと等気の向くままに書いてゆきたいと思います。
今日は簡単な自己紹介をします。私は平成15年4月に城興寺の住職になりました。名前は上原慎勢と言います。年齢44歳、結婚して子供も3人おります。
今後ともよろしくお願いします。

| 次の日記を見る |